読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『マグニフィセント・セブン』観てきました。

は?

最高か???????


暫く前に映画を観に行った時に観た予告から「ハワ〜〜〜〜ッ銃とイカした男たちとイカした女が銃撃を〜〜??????絶対観る〜〜」とか言っていた割にぼうっとしていたらあっという間に概ね公開が終わっていて、

「公開短過ぎるでしょうが!」

とひとりでキレたりしていたのですが、慌てて公式サイトに飛んで「公開は終了しました」の文字がゲシュタルト崩壊しながら探したら、昨日無事観ることが出来ました。

良かった。

ありがとう109シネマズ。


さてさっそく感想言っていきます。



あらすじというか、概要としては

七人の侍」のリメイクの「荒野の七人」のこれまたリメイクというもう何が何だかわからない流れで登場した作品です。

とにかくみんな黒澤明監督が大好きなことはわかるね。すごいや。


辛うじて「七人の侍」は観たような記憶があるんですが、もう記憶の彼方過ぎて内容は覚えてないです。

なので「どこが明確にオマージュで〜〜」的なのは今回もわかりません。今回のはオマージュっていうか、みたいな所があるけど。

最近こういう「クソッタレ!昔の名作をもっと観ておくんだった!俺はなんてバカなんだ!」みたいな事案が多い気がする。勉強します。


で、冒頭。

教会で町の人たちが集まってなにやら深刻そうな顔をして「これからどうする」「交渉だ」「通用するかよ!」「やるしかねえ」「神に背くのか!」とか言い合ってる。

その一番後ろでめちゃくちゃな美人夫婦がいる……………………………………

あまりにも美人夫婦過ぎない?特に旦那、瞳が澄み過ぎてる。東リヴィエラの海面かな?って思った(よく知りません)。


そんなこんなをしていたらいかにも悪そうなインテリが入ってくる。

静まり返った教会の真ん中を、黒い何かが入った瓶を振りながら歩いてくるの怖過ぎでしょ。とんでもないことが起こるに決まってるぜ。

その瓶の中に、顔がまるっとした可愛いキッズの手を入れさせて

「中は何か調べてみろ」

とか言った挙句、


「俺が目をつけたらそこはもう土地じゃなくて【塵】なんだよォ!」


とか言ってくる。こいつァ極悪人ですぜ。


教会に火を付けて脅しをかけるとみんな慌てて逃げ出すんだけど、牧師だけは「やめてーーーーーーーーー」って向かっていくのね。そしたらまぁボコボコにされるよね。そして、めちゃくちゃ美しい旦那、とうとう我慢出来ずに止めに入ってしまうよね。



瞳が澄み渡った旦那、死す。

ま、死ぬよね〜〜!!!!!!!

カッコよかったもんよ!正義感に溢れていたものな!!!!


嫁、慟哭。


そして嫁が通りかかりの保安官であるデンゼル・ワシントン扮する「サム・チザム」に「全財産を渡すから村を守ってほしい」と依頼したり、


「復讐か?」と問われて

「正義の為よ。人間なら当然のこと」


みたいなことを言ったりして契約成立、敵の軍勢に立ち向かう為の精鋭を集めに行くわけなんだけれど、もう本当に熱い。

全員いい男だし、魂の奥に燃え盛る正義の炎を持っているし、死地へ向かうと分かっていながら、少ない報酬で文字通り命をかけて戦うのが最高だった。


あまりにも殺しまくるので、そういうのが苦手だとそっちに目が行ってしまうかもしれない。でも私としてはあれだけの人数を相手にそこまで善戦出来る7人に頭が沸騰する程興奮したので、好きな人は本当に好きなんじゃないかなと思う。

あと銃のくるくる(ガンスピン)が劇中で数え切れないほどあってマジで最高だったな……。


最終決戦はまぁネタバレになるし、本当に熱いから観てほしいということに尽きるんだけれど(公開終了していたらごめんなさい)、私はジョシュ・ファラデー(クリス・プラット)が推しですとだけ言っておきます。



観たらわかる。

観たらわかるから!!!!!!!!!!!